埼玉の仕事

8月 4, 2008

Filed under: Uncategorized — bloggerjin @ 7:57 am

ソルジェニツィンは戦後のロシアの歴史の上で最も有名なこと、最も論争がある1人の作家だかも知れませんです。作家として、“の成也の労働改造所と言えて、敗けますも労働改造所”,1部の処女作《イワンか?傑の尼のソルベイの珍しい一日》は彼にフルシチョフの愛顧を獲得させて、1つのかつての“有罪な身”でソ連の作家協会に参加して、同じく彼を数年の後に批判に遭って、除名させられます;ソ連の労働による思想改造をする制度の暴露に対して彼に1970年にノーベル文学賞を獲得させて、同じく彼に4年後にで追い払われてソ連を出させます、1989年までやっと帰国を許されて、1994年再びモスクワ土地に足を踏み入れる時、20年良い時間はひっそりと永眠するだけではなくて、甚だしきに至っては旧ソ連もすでにどうしようもありませんでした。彼の亡命する時の長編の大きい制《古拉格の群島》は彼の評判を大いに鳴かせて、いくつか人に“ロシアの良心”ですと誉められて、そのためいくつかに旧ソ連の人の非難をもしのばれて、彼が旧ソ連の暗黒面を誇張すると思って、甚だしきに至ってはある人は旧ソ連の解体を彼に罪をなすりつけて、まさに《古拉格の群島》が旧ソ連の道徳的な基礎を転覆したため思って、やっと人の心の瓦解を招いて、収拾がつきません。

  しかし誰がすべて1つの事実を否定することができなくて、つまりソルジェニツィンは1人の誠実な人で、1人の勤勉な作家。処女から人生の最後の何冊の作品を成し遂げて、ほとんど毎一部はすべて評価の栄辱をしばしば経験して、しかし何は1部が現実を離れることがなくて、捏造して、すべて作者は本人が現実、社会に対する理解、に対して悟って述べるのです――このような理解は、すべて客観的で、正しいことがあり得ないことをを悟って述べますけれども、しかし誰も否定することができなくて、あれはまさに作者は内心の音から発する。

  人生の苦しみをしばしば経験して、1つの小都市の普通の教員の身分で作品のソルジェニツィンに従事して自然と思い付くことはでき(ありえ)なくて、自分の作品は、自分の本人を含んで、後半生は前半生の更に多くの急落な起伏に比べて経験して、フルシチョフの接見を受けて、追ってささげ持つのだであろうと、サルトルに尊重されて、ノーベル賞に選ばれて、やはり“ソ連の作家の裏切り者”のため責められて、批判して国外追放にされて、すべて作家の彼の所として予想して同じく予想することはでき(ありえ)ないことができないので、もし…といえば、1本のペンとして、ソルジェニツィンは当然その書いたすべての字の責任感がある話のためべきです、彼は技量のこれらの他の人の無理に押しつけた評価の栄辱は決して責任を負いなくて、人々の論争の彼の作品、論争の彼の思想、すべて過度に非難すべきほどでもないので、しかしその栄辱の論争ところがに対して必要でなくて、それではもとは作家と関係がないためです。

  ソ連の解体する責任を《古拉格の群島》に罪をなすりつけて一言が国を喪失させて、自然は更に道理がありません。もちろん、《古拉格の群島》の登場は大きな風波を引き起こして、ソ連の道徳的な星の環を色褪せさせて、しかし旧ソ連の解体する最も主要な原因、ところが政治、経済、民族の政策のミス、各種の入り混じり集まって複雑な対立との総括的な爆発、ひとつが民間は、とてもとっくにしかたなくロシア大地の普通の作家を離れますのから来ることとして、ソルジェニツィンは明らかに技量のたとえばの冷戦、経済構造の奇形と民族の矛盾が鋭くありませんて問題が責任を負うことを待って、彼は本人は甚だしきに至ってはも決して予想しなくて、1つの《古拉格の群島》の中で描写されるのが比類がなくて強大な国家、意外にも彼の生きている間で駄目になります。

  彼は1つの思想者で、彼の思想は対立と論争を満たしますけれども;彼は1つの勤勉な筆で暮らしをたてる者で、彼の成果は彼にはっきり異なる音と評価を持ってきますけれども;彼は更に1つの生まれつきの反対者です、米国の客が位置する時、彼は曾尖鋭が西方の自由主義と実用主義を批判しますについて、旧ソ連が解体した後に、彼はまた批判の矛先をエリツィンに指します。しかし隠しだてするべきでなくて、若い頃の作品と違い、彼の生命の最後の10年、これらの音は絶えず出しますが、影響力が遠くて及ばない前に、原因、恐らく主要にまた彼の自分にになります:長期は亡命して生活彼に考えて、筆で暮らしをたてて、批判ようにの妨げませんますが、彼を社会の土壌を遠く離れさせて、彼の思考、をさせて源がだんだん枯渇することを批判して、まさに彼の同病相哀れむのポーランドの作家の康布羅維奇所ようでと言って、ソルジェニツィンの“1人の作家のを浪費して貴重に生命を創作します”。

  2007年6月12日、ロシアの前大統領のプーチンは大きいクレムリン宮殿の格奥爾基のホールでソルジェニツィンに2006年度のロシア国家を公布して“人文の領域の最高の業績賞”を表彰して、これはロシアが無口な数年来にになるので、1つの論争の作家に対する承認、きっと評価表彰委員達は分かって、ソルジェニツィンの論争、もっと多くその特殊な時代に属するべきで、作家として、1つのロシア人、彼はロシアの文学史が巻く上に当然自分の大(文)字の姓名を彫り刻むべきです。

仕事
派遣
システムエンジニア
プログラマー
システムエンジニア
検索エンジン
キャッシング
建築
カムチャッカ半島
転職

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。