埼玉の仕事

8月 4, 2008

Filed under: Uncategorized — bloggerjin @ 8:01 am

ソ連の解体する責任を《古拉格の群島》に罪をなすりつけて一言が国を喪失させて、自然は更に道理がありません。もちろん、《古拉格の群島》の登場は大きな風波を引き起こして、ソ連の道徳的な星の環を色褪せさせて、しかし旧ソ連の解体する最も主要な原因、ところが政治、経済、民族の政策のミス、各種の入り混じり集まって複雑な対立との総括的な爆発、ひとつが民間は、とてもとっくにしかたなくロシア大地の普通の作家を離れますのから来ることとして、ソルジェニツィンは明らかに技量のたとえばの冷戦、経済構造の奇形と民族の矛盾が鋭くありませんて問題が責任を負うことを待って、彼は本人は甚だしきに至ってはも決して予想しなくて、1つの《古拉格の群島》の中で描写されるのが比類がなくて強大な国家、意外にも彼の生きている間で駄目になります。

  彼は1つの思想者で、彼の思想は対立と論争を満たしますけれども;彼は1つの勤勉な筆で暮らしをたてる者で、彼の成果は彼にはっきり異なる音と評価を持ってきますけれども;彼は更に1つの生まれつきの反対者です、米国の客が位置する時、彼は曾尖鋭が西方の自由主義と実用主義を批判しますについて、旧ソ連が解体した後に、彼はまた批判の矛先をエリツィンに指します。しかし隠しだてするべきでなくて、若い頃の作品と違い、彼の生命の最後の10年、これらの音は絶えず出しますが、影響力が遠くて及ばない前に、原因、恐らく主要にまた彼の自分にになります:長期は亡命して生活彼に考えて、筆で暮らしをたてて、批判ようにの妨げませんますが、彼を社会の土壌を遠く離れさせて、彼の思考、をさせて源がだんだん枯渇することを批判して、まさに彼の同病相哀れむのポーランドの作家の康布羅維奇所ようでと言って、ソルジェニツィンの“1人の作家のを浪費して貴重に生命を創作します”。

  2007年6月12日、ロシアの前大統領のプーチンは大きいクレムリン宮殿の格奥爾基のホールでソルジェニツィンに2006年度のロシア国家を公布して“人文の領域の最高の業績賞”を表彰して、これはロシアが無口な数年来にになるので、1つの論争の作家に対する承認、きっと評価表彰委員達は分かって、ソルジェニツィンの論争、もっと多くその特殊な時代に属するべきで、作家として、1つのロシア人、彼はロシアの文学史が巻く上に当然自分の大(文)字の姓名を彫り刻むべきです。

絶景
映画
モダニズム
金融
金融情報
金融ブログ
金融
京都時間
macbook
転職
人材紹介会社ランキング
キャッシング比較
ダイエット

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。